育毛の必須知識を伝授! -お薦めランキングと商品解説も!

育毛に関する様々な知識を初心者にもわかりやすく説明しています。ランキングや特集ページも設置!

育毛基本知識
画像

シャンプーやリンスは多すぎてはいけない!

シャンプーをしたときに、泡立ちが悪いからといってたっぷり使っているという人はいませんか?
また、髪がサラサラになったり髪自体に良さそうだからといって、リンスを適量以上の量で使用しているという人はいませんか?
これら、どちらも間違ったシャンプー・リンスの方法なのです。

まずシャンプーですが、髪の量にもよりますが、ボトルタイプのものであればだいたいワンプッシュ(500円玉くらいの大きさ)で充分です。
シャンプーの量を多くすると泡立ちは良くなりますが、髪の汚れの落ち具合というのはほとんど変わりがありません。
シャンプーだけが無駄に減っていくばかりで、更にシャンプー剤が多い分、洗い流しが大変になるだけなので、止めたほうがいいです。
ですが、シャンプーをしているときに泡立たないと、上手く洗うことができないですよね。
そんな方は、シャンプー前にブラッシングをしたり、シャンプー前に髪をシャワーで洗い流すときに、念入りに行うようにしてみてください。
実はこうすることで、汚れの7割が落ちたり、汚れが浮かび上がって落ちやすくなるため、泡立ちもよくなるのです。
整髪料を多く使用した日などは、それでも泡立ちが悪いときがあるでしょう。
そんなときは、シャンプーを一度洗い流してから、最初のシャンプー量の半分を使用して二度洗いをしましょう。
二度荒いは、一度のシャンプーで大量のシャンプー剤を使用するよりも、ずっと髪や頭皮にかかる負担が少なく、更により汚れが落ちやすくなります。

リンスやトリートメントもシャンプーと同様、付けすぎというのは逆効果になる場合があります。
特にこれらは、たっぷり使うことによって、より髪がしっとりするような気がしますが、それは錯覚です。
髪に浸透する成分の量というのは限度があるため、適量以上を付けても無駄に洗い流されるだけですから、無駄遣いになってしまいます。
また、頭皮にこれらの成分が残ってしまうことで、毛穴をふさいでしまって健康な髪を作るということを阻害してしまったり、成分が残った状態のところに紫外線が当たるとより髪や頭皮にダメ―ジを与えてしまうこともあるのです。

以上のことから、シャンプーやリンスは定められた適量を守り、その成分が頭皮に残ってしまわないようにしっかりとすすぐということが大切であるのです。

CONTENTS

私も使っているお薦め育毛製品

その他のお薦め育毛製品